人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

東京ディズニーランドを大人になってから観光して気づいたこと

スポンサーリンク

こんにちは。

 

f:id:clumsyboy:20181003005121p:plain

 

先日、東京ディズニーランドへ遊びに行ってきた筆者です。東京ディズニーリゾートは家から近いこともあって簡単に行ける状況にあるのですが、いつも日程が合わなかったり何だかんだあったりして行けず、結局今回行けたのは実に4年ぶりの事でした。

 

4年前というと当時僕はまだギリギリ高校生でしたので、今回は成人してから初のディズニーランドだったわけです。大人になってから見るディズニーランドは、少年時代の時とは少し違って写って見えた部分もありました。

 

そこで今回は、東京ディズニーランドを大人になってから観光して気づいたことをまとめてみました。是非ご覧ください!

 

 

飲食店が超豊富!

 

子どもの頃はアトラクションを乗り回すことが一番の優先事項でしたので、ディズニーランドの“飲食”に対してはそれほどウェイトを置いていませんでした。

 

ちゃんとしたレストランには入らず、ポップコーンなど持ち運びのできる軽食を買って、それをアトラクションに並んでいる最中に食べるというのがこれまでの基本でした。

 

大人になって初めて来園した今回は「たまにはしっかりとしたレストランで食事をしてみよう」と思い、園内を散策しながら良さそうな飲食店を探してみました。そこで初めて、ディズニーランド内には飲食店が想像以上に溢れているということに気づきました。

 

入園するときと帰るときぐらいにしか通らないワールドバザール内や、カリブの海賊などのアトラクション内といった場所に、いくつもレストランが軒を構えています。10回や20回ほど来園しただけでは、全ての飲食店を回りつくすことは恐らく不可能ですね。

 

今回飲食店を調べて驚いたのが、「れすとらん北斎」という障子や襖、掛け軸がある和風全開のレストランがディズニーランド内にあったということです!ディズニー内にも和風的な場所があるのは全く知りませんでした。

 

 

良質な客層が多い

 

子どもの頃はあまり考えたりしたことはなかったのが、商売目線としてのディズニーランドです。僕も半年後には社会人として接客の仕事をすることになるのですが、接客で最も苦痛となるのが悪質クレーマーの存在です。

 

飲食店などでアルバイトをする友人からトンデモナイ客の話をよく聞いたりしますし、僕自身も悪質なクレーマーを目撃したことが何度もあります。コチラの記事で詳しく書いたので是非見てみて下さい!

【接客改革】そろそろ日本企業は「悪質クレーマーお断り」の風潮を取り入れるべきだと思う - 人生に地図はない

 

一方で、僕はディズニーの関係者ではないので定かではありませんが、ディズニーランドにはそういった悪質なクレーマーが少なく、良質な客層が多いのではないでしょうか。

 

ディズニーランドに来る客層と言えば、大体は小さい子どものいる家族連れ、カップル、友達同士の3パターンですよね。これらは、悪質なクレームを付けるような客層ではないと思います。

 

個人的な偏見かもしれませんが、悪質なクレームを付ける人は、ほとんどが単独で来店する方だと思います。仲の良い人や家族の前で悪質なクレームを付けるような人は普通そんなにいませんしね。

 

ディズニーは単独で来る人はほとんどいませんし、そもそも悪質なクレームを付ける人は、身近にいる弱い立場の人に強くあたりたいだけなので、わざわざ高い入園料を払ってディズニーにまでクレームをつけにくる人はそうそう居ないのではないでしょうか。

 

それに、ディズニーでは基本、人々は楽しい空気で浮かれていたりするので、ちょっと何かあったくらいで文句を言いつけたりする人は少ないと思います。

 

 

都市伝説「カップルが別れる」の真相

 

よく“ディズニーランドに行くカップルは別れる”という都市伝説がありますよね。たしかに、ディズニーは待ち時間が長かったり、アトラクションなどで好みの違いがハッキリ分かれたりと、カップルの仲が悪くなってしまう原因が沢山あります。

 

僕も今までは“ディズニーランドはカップルには向いていないんだな”という程度の認識を持っていました。しかし、いざ大人になってから、その都市伝説の真相が分かりました。

 

ディズニーに行くカップルが別れる理由、それは、単純に、ほとんどのカップルがディズニーランドに行くからです。むしろ、関東圏在住でディズニーランドに一度も行かないというカップルはかなり珍しいのではないでしょうか。

 

ディズニーはどこを見渡してもカップルで溢れていますし、僕の周りのカップルも大抵ディズニーに一度は足を運んでいます。

 

 

というわけで「ディズニーに行くカップルは別れる」という都市伝説は、「犯罪者の99%が食パンを食べたことがある」というやつとほぼ同じなのだと僕は思います。確率的な問題なのです。

 

どんなに混雑していて大変でも、価値観の違いが分かっても、相手をリスペクトする気持ちを常に忘れなければ、別れてしまうようなことはそうそう起こらないのではないでしょうか。

 

 

この記事のまとめ

 

東京ディズニーランドは、大人になってから初めて分かることや発見が幾つもあります。それだけ魅力的なテーマパークなのです。

 

忙しい社会人の皆さんも、是非久しぶりにディズニーランドへ足を運んでみては以下かでしょうか。

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。