人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

テレビを全く見ない僕がテレビをよく見る人と話して驚いたこと・驚かれたこと

スポンサーリンク

こんにちは。

 

f:id:clumsyboy:20181008233245p:plain

 

皆さんは普段テレビを見たりしますか?ふとテレビを付けると、クイズ番組やバラエティ番組、報道番組など、実に様々な番組が平日・休日問わず放送されていますよね。

 

暇つぶし以外にも、好きなタレントさんやテレビドラマを観るためなど、日常的にテレビを視聴している人は多いのではないでしょうか。

 

それに対して、僕はテレビをほとんど見ません。毎週必ず見ている番組もありませんし、暇つぶしでテレビを付けることもありません。せいぜい、ご飯を食べている時にチラっと見る程度です。

 

「面白いな!」と思う番組はいつくかあるのですが、その番組が何曜日の何時からやっているかなどは全く覚えていません。その番組を見ようと意識してテレビを付けることがないからです。

 

そんなテレビをほとんど見ない僕ですが、最近テレビを日常的に良く見るという友達とテレビについて語り合う機会がありました。そこで、お互いに新しい発見や驚くべきことが沢山ありましたので、今回はそのことについてまとめてみました。

 

 

目次

 

 

一般常識の欠如

 

僕は、あまりにもテレビを見なさ過ぎたために、一般常識の一部が著しく欠如していることが友達との会話で判明しました。

 

一般常識とは国際情勢やマナーについてではなく、とりわけ芸能やスポーツについてです。たとえば僕は「安室奈美恵」さんの顔を知りません。何をしている人なのかも知りませんでした。

 

ただよく耳にする名前なので、かなりの有名人であるということは昔から知っていました。しかし、興味が無いため、テレビで顔を見ても全く記憶に残りませんし、調べようとも思ってこなかったわけです。

 

スポーツについては、知っている野球選手の人数が絶望的に少ないことが挙げられます。僕の知っている野球選手は鈴木イチローと松井秀喜だけです。この2人以外は、本当に1人も知りません。

 

ニュースを聞いていて“オオタニ”という有名な選手がいることは知っているのですが、顔はイマイチ分かりません。僕の中では「比較的若めな人」というイメージしかありません。

 

こうした一般常識の欠如のため、僕はしばしば友達との会話に入れないことがあります。好みの女優さんだとか、話題のCMだとか、全く話に入れなくて苦しんできた記憶が沢山あります。

 

これから社会人になるにあたって、人と話す機会はかなり増えていくと思うので、今の内にそうした一般常識を「暗記」してきたいと思っています。

 

 

自室にテレビが映らない

 

自分の部屋を持っているという人は、たいてい自室にテレビも置いてあると思います。もちろん僕も自室にテレビを置いていますが、テレビ番組を見ることはできません。そもそも受信する設定をしていないからです。

 

僕はゲームをするためにテレビを置いているだけで、テレビ番組を見ようと思っておいているわけではないのです。そのため“自分の部屋でテレビ番組を見る”という経験を人生で一度もしたことがありません(笑)

 

彼女を部屋に呼んだときに「え、テレビ映らないの?信じられない!」と心底驚かれたことで初めて、僕の部屋は“テレビを見ることができない部屋”なんだということを意識しました。

 

それまでは、自室でテレビ番組を見るということは考えたことがありませんし、これからもそうするつもりはないでしょう。逆に、自室でテレビが見られない人がどれだけいるのか興味が沸いてきました。これから色々な人に聞いてみたいと思います。

 

 

録画番組の消化についての悩み

 

僕がテレビをよく見る人の話を聞いて驚いたことは“録画した番組の消化”で悩むことがあるということです。

 

その友達は、来年から出張が多い会社に就職をすることになっています。出張が多いと、普段見ている番組を録画しておかなければなりません。出張が長いほど、録画した番組が沢山溜まっていきます。

 

そうなると、家に帰ってきたとき、今放送している番組に加えて録画した番組も見ていかなければなりません。これは非常に沢山の時間を必要とします。つまり、見たい番組を消化できなくなる心配があるのです。

 

僕は、毎週欠かさず見ている番組が特にないので、そうした理由で悩んでいる人がいることに衝撃を受けました! たしかに、仮に毎週見ている1時間番組が1日1本あるとしたら、一週間出張しただけで7時間蓄積することになります。

 

しかも、毎週毎週、見なければならない番組は放送を続けるわけです。それらをまとめて消化していくとなると、考えただけで恐ろしいですね(笑)

 

 

まとめ

 

  • お互い驚いたこと→テレビを見ないことで、芸能やスポーツの一般常識が著しく欠けてしまうこと。

 

  • 僕が驚かれたこと→自室にテレビが映らない。映らなくても全く問題ないこと。

 

  • 僕が驚いたこと→テレビ番組の消化不良について悩む人がいること。

 

 

皆さんはテレビを見る方ですか?それとも見ない方ですか?どちらにしろ、この記事を見て何か新しい発見があったのなら幸いです!

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。