人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

去年の重大ニュース、あなたはいくつ言えますか?

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

もうそろそろ2017年も終わってしまいますね。本当に色々なことがあった一年でした。ハッピーなニュースもあれば世間を騒がせた重大事件もありましたね。座間の事件など、とても衝撃的でした。

 

 

では、ここで質問です。あなたは去年(2016年)あった重大ニュースをどれだけ覚えていますか?ちょっと思い出してください。

 

 

 

去年起きた重大ニュースには次の出来事がありました。

 

 

熊本地震 死者50人以上

 

・障害者施設殺傷事件 死者19人

 

・長野スキーバス転落 死者15人

 

 

どうでした、覚えていましたか?そういえばそんな事あったよなと、聞いて思い出したという方、多いんじゃないでしょうか。僕もそうです。言われれば思い出すのですが、正直パッとは出てきませんでした。

 

人は、どんな大きな出来事も時間が経てば忘れてしまいます。あまりにも多きすぎる出来事であったら、長い時間が経っても忘れはしないでしょう。しかし、それを上回るインパクトの事件が起きると、古い出来事はどんどん忘れ去られてしまいます。

 

 

例えば地震を例に挙げてみます。2011年3月11日と聞いて“東日本大震災”を思い出さない人は居ないでしょう。東北を襲ったあの大地震は、2万名もの死者・行方不明者を出した日本史上最悪レベルの大災害でした。日本人の誰もが記憶に刻まれているはずです。

 

 

Q.では、その前年、2010年1月12日にとある国で発生した大地震のことを、皆さんは覚えているでしょうか?

 

 

 

 

A.そう、ハイチ地震です。

 

 

 

多くの人が「あーそういえばそんな地震あったね」という反応だと思います。僕の友達や家族もこういうリアクションでした。東日本大震災インパクトが大きすぎて、正直ハイチ地震の印象は非常に薄いです。

 

 

 

Q.ではこのハイチ地震、死者はどのくらいであったのか覚えていますか?

 

 

 

A.諸説ありますが、死者はなんと20万人を超えています。

 

 

東日本大震災を遥かに上回る犠牲者の数です。ハイチ地震は、人類史上稀にみる大災害であったのです。

 

 

これほどの出来事も、新たな大災害が発生すると記憶が上書きされていってしまうのです。もしも近い将来、東日本大震災クラスの巨大地震が発生し多大な被害がでたとしたら、東日本大震災の記憶は薄らいでいくと思います。

 

 

忘れないためには、自分自身でニュースを振り返っていくしかありません。

 

こちらのサイトがオススメです↓

重要ニュース年表

 

 

その年に起きたニュースがとても見やすくまとめられています。このサイトで振り返るだけで、今までの流れや出来事がパッと思い出しやすくなります。

 

 

少しでも記憶を繋いでいくためには、積極的に自分から調べていく姿勢が大切です。ぜひ皆さんも昔のニュースを振り返ってみて下さい。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。