人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

【面白地理】RPGゲームに出てきそうな形の国家3選

スポンサーリンク

こんばんは。

 

f:id:clumsyboy:20190125160743j:plain

 

現在、世界には200近くの国家が存在していますが、その1つ1つに、他の国には無いような明確な個性や特徴といったものがあります。中でも、国の形はその国を特徴づける最大の要素と言っても過言ではありません。

そんな世界の国々の形を眺めていると、まるでRPGゲームの世界に出てきそうな形をした国家がかあることに気がつくと思います。そこで今回は、僕の独断と偏見で、まるでRPGゲームに出てきそうな形の国家を3つ紹介していこうと思います!

 

1 ギリシャ

 

 

皆さんはギリシャの海岸線をじっくりと見たことがありますか?この国の海岸線は地中海とエーゲ海に面しており、非常に複雑に入り組んだリアス式海岸となっています。そこからなる複雑な地形が、RPGに出てくるような異世界の国家を彷彿とさせます。

国の西側と北側は、アルバニア共和国、マケドニア共和国、ブルガリア共和国、トルコ共和国と面しており、多くの国と国境を接しているのが分かります。首都のアテネは、そんな国境地帯から遠く離れた海岸線付近に所在しています。

また、エーゲ海には大小様々な島が点在していますが、そのほとんどがギリシャの島となっています。たとえば、レスボス島などはトルコ沿岸に位置していますが、ギリシャ領です。ギリシャにとってエーゲ海は庭のようなものなのです。

 

2 フィリピン

 

 

フィリピンは日本のすぐ南に位置する島国ですが、その国土を見ると、大中小様々なサイズの島が非常に複雑に入り組んでいることが伺えるでしょう。

日本は、北海道、本州、四国、九州の本土と呼ばれる4つの連なった島とその他の小さな島から成り立つシンプルな構造になっているのに対し、フィリピンは、面積10,000km2を超える島が7島あり、それ以外に、沖縄本島の面積を超える島が6つほどあります。

大小様々な島が複雑に入り組んでいることで、同様に海岸線も複雑になっていまし、地方行政区分も複雑になっています。けれど、その地形の複雑さこそが、どこかRPGゲームのマップを思い起こさせるのです。

 

3 ガンビア

 

 

皆さんは、アフリカ大陸最小の国がどこかご存知でしょうか。そう、それが今回ここで紹介するガンビア共和国です。面積は11,300km2で日本のおよそ33分の1しかありません。世界的に見ても非常に小さな国です。

前項で紹介したギリシャやフィリピンと比べても、ガンビアは入り組んだ地形や国土を持っているわけでもなさそうです。では、そんなこの国のどこがRPGっぽいのか。それは、この国が位置している場所にあります。

なんとこの国は、ガンビア川という川の両岸に沿って国土を保有しているのです!歴史的な経緯によってこのような国土を持つに至ったのですが、1つの川に沿って国土を形成している国はこのガンビアが唯一でしょう。

川沿いに沿って国家を形成しているなんて、まさにRPGのゲームに出てきそうな設定ですよね。国民にとってもガンビア川は、国を語る上で決して欠かせない存在となっているのだと思います。

 

この記事のまとめ

 

今回の記事で紹介した『RPGゲームに出てきそうな国』というのは、僕の独断と偏見により紹介させて頂いたものです。世界には他にも、様々な魅力的な国で溢れています。この記事をキッカケに、世界の国々にもっと興味を持って頂けたのなら幸いです!

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。