人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

憧れる・尊敬する友人に共通する3つの特徴 そこから分かる大切な事とは

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

皆さんには憧れる、もしくは人として尊敬できるような友人がいますか?最初は普通の友達だったけれど、長いこと付き合っているうちに「コイツすげえな」と思うようになり、気がつけば、ただの友達が自分の中で憧れの人に変わっていたというのはよく聞く話ですよね。

 

もちろん僕にも憧れる友人が何人かいます。そんな彼らは、育ちも性別も目指していることも皆なそれぞれバラバラなのですが、近い場所から観察していると、全員には共通する特徴があるということが分かりました。

 

そこで今回は、僕が個人的に憧れを抱いている友人たちに共通する特徴を3つまとめていきたいと思います。

 

 

1外国語を学んでいる

 

僕が人として憧れを抱いている友達は、どういうわけか、ほとんど全員が何かしらの外国語を勉強しているか、もしくは話すことができます。

 

スペイン語であったり、韓国語であったり、シンハラ語であったりと言語としてはバラバラですが、皆な何かしら日本語以外の言語を学んでいるのです。

 

これは僕の推測ですが、彼らが外国語を学ぶ理由は、日本という狭い範囲に囚われず、世界に目を向けて行動したいからなのだと思います。

 

事実、外国語を習得したらそれだけ新しい世界が広がりますからね。新しい文化、新しい人、新しい自分に出会えるわけです。しかし、外国語を学ぶことは決して簡単なことではありません。それを平然とやってのけているあたりが素晴らしいと思います。

 

 

2やりたいことをやっている

 

一般的な人々は安定を求め、周りと同じような行動をします。僕自身も、周りに合わせて普通に大学に入り、普通に就活を始めました。そして今現在も必死になって就活を続けています。

 

ところが、僕の憧れる友人たちは、就活自体をやっていないという人がほとんどです。就活をせずコロンビアに長期留学をしたり、バイトでお金を貯めて、大学卒業と同時に渡米を目指していたりと、皆な自分の道を進もうとしています。

 

“社会の慣習や周りの人々に合わせて就活をする”という、最も無難で安定した道を捨て、自分が信じた道を突き進んでいるのです。これだけ安定した道があるのに、それを捨ててまで自分を信じるというのは、僕には絶対にできません。

 

彼らは安定を求めようとせず、自分のやりたいことを一番にやっているのです。それは、悪く言えば無鉄砲で、良く言えば勇敢とも言えます。僕はそういった人達のことはとてもカッコいいと思います。

 

 

3言い訳をしない

 

僕が憧れる友人たちは、基本的に言い訳をしません。もしかしたらしているのかもしれませんが、少なくとも僕は聞いたことがありません。どんなことにもネガティブにならず、いつだって笑って挑戦しています。

 

時間が無いから、お金が無いから、スキルが無いから。そういうことは一切言わず、ではどうすればいいのかを常に考えて、次のステップに向かって行っているのです。

 

普通の人なら挫折してしまうようなことも、彼らは努力と根気でカバーしてしまうのです。僕なら「時間がない」といって諦めてしまっているでしょう。言い訳をしない生き方は、並大抵の人にはとてもできないことだと思います。

 

 

「憧れの人」の正体とは

 

f:id:clumsyboy:20180731234059j:plain

 

 

ところで、「憧れの人」というのは一体何なのでしょう。それは、「理想の自分自身を実現している人」のことなのです!

 

なぜなら、「憧れ」というのは基本的に、自分が持っていなくて手に入れたいと思っている部分を持っている人に対して抱くものだからです。つまり、憧れの人というのは、自分自身の理想を映し出す鏡なのです。

 

つまり僕の場合は、外国語を習得し、やりたいことをやっていて、言い訳をしない人間というのが、本来なりたい理想の自分なのです。

 

現に、僕は外国語を喋れませんし、やりたいことよりも安定を重視してしまっていますし、言い訳ばかりをして生きています。すべてが理想と真逆なのです。

 

要するに、このことから分かるのは、自分の憧れを抱く人の共通点を見つければ、自分自身が何を本当に求めているか、理想の自分には何が足りないのかを明確に知ることができるということです!

 

そして、友人という近い存在に憧れを抱いているのなら、それはチャンスでもあります。なぜなら、友人なら気軽に会うことも、話すこともできるからです。理想を叶えている人物に、直接、アドバイスを受けることができるのです。

 

もしも身近な友達に憧れを抱く人がいるのなら、積極的に話しかけたり、一緒に過ごしたりすることが重要なチャンスになり得るのです。それは、あなたの人生を変えるキッカケになるかもしれないのです。

 

 

まとめ

 

「憧れの人」の共通点は、自分が心の底から「そうなりたい」と求めている大切な部分なのです。意外と、それに気づかずに過ごしている人は多いと思います。

 

そして、その「憧れの人」が友達なのなら、それは大チャンスです!理想の自分を実行している人が身近にいるということ、それは、自分自身の人生を変える可能性があるからです!

 

皆さんの周りにも、憧れる友人というものがいますか?もしいれば、その出会いを積極的に生かしてみて下さい。僕自身も、そういった友人にコンタクトを取って、新しい自分を手に入れようと思います。

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。