人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

「スマホ」と「スマフォ」あなたはどっち?日本語の面白い話

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

突然ですが、皆さんはスマートフォンのことをどのように略していますか?恐らく多くの方が「スマホ」か「スマフォ」に分かれると思います。

 

f:id:clumsyboy:20180302015956j:plain

 

ちなみに僕は「スマホ」派なのですが、LINEをしていると必ず「スマフォ」と略す友達も居ます。

 

 

そこで今回は、この2つの言葉について、それぞれの観点を踏まえて語っていこうと思います!

 

 

 

「スマホ」派

 

 

恐らくこちらを支持する人の方が一般的に多いと思います。

 

 

支持する理由としては

 

 

①メディアや携帯会社がこちらを使用していることが多い。

②広告や看板も「スマホ」が多数派。

➂単純に言いやすいから。

 

 

などが挙げられると思います。

 

 

たしかに、「歩きスマホ」という記事や看板はよく見かけますが、「歩きスマフォ」と表記しているものは滅多に見ませんよね。世の中的には圧倒的にこちらが主流となっているようです。

 

 

 

「スマフォ」派

 

 

一方、少数派ですが根強くこちらの言葉を推す人も居ます。

 

 

こちらの言葉を支持する理由としては

 

 

①フルネームではスマートフォンと書くのだから、略すとスマフォになる。

②「テレフォン」など、昔からフォンと言うのが普通。

➂英語の発音に近い。

 

 

などが挙げられると思います。

 

 

たしかに「スマートフォン」を略すのなら「スマフォ」に決まってますよね。それに、テレフォンショッピングなどという言葉が昔からあります。なので、ホンではなくフォンという意見も妥当です。

 

 

 

僕の思うこと

 

 

僕は「スマホ」と「スマフォ」、それ以前に「スマートフォン」、これらはそもそも全て間違っている、と考えています。

 

 

なぜなら、スマートフォンは「Smart Phone」が正解だからです。そもそも本家本元は英語なので、カタカタで表している次点でそれはオリジナルではないのです。

 

 

英語由来の単語をカタカナで無理やり表記をしているので、発音はどうしても英語とはかけ離れてしまいます。なので、スマホもスマフォもある程度の日本人が許容するのなら、どちらも存在して構わないのです。そこがカタカナの面白いところだと思います!

 

 

 

まとめ

 

 

カタカナ語というのはそもそも正式な日本語ではありません。なので、正解というのは存在しません。多くの日本人が何となく許容していれば、それはそれでいいのです。

 

 

それにしても、当たり前のように「スマホ」とか「スマフォ」を使っていると、それが外国語であることを忘れてしまいますよね。外国語の単語をまるで母国語かのように変形・吸収してしまう。。。

 

 

日本語ってホントに凄い言語ですね(笑)

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。