人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

日本語を韓国語っぽく発音する究極の方法

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

皆さん韓国語に興味はありますか?僕は大学で1年間だけ韓国語を学習していました。その後も独学で色々と調べていくうちに、面白い発見をしました。

 

 

それが「日本語を韓国語っぽく発音する方法」です!この記事を見れば、あなたも韓国語っぽい発音ができるようになるかも…?!

 

 

では、ポイントを1つずつ解説していこうと思います。

 

f:id:clumsyboy:20180331233613j:plain

母音の連続を消す

 

最初のポイントは「母音の連増を消す」ということです。日本語には多くの単語に母音の連続が見られますよね?例えば…

 

 

階段(Kaidan)

朝鮮(Chousen)

地球(Chikyuu)

東京(Toukyou)

スーパーハイビジョン(SuupaaHaibizyon)

 

 

などなど、枚挙に遑がありません。韓国語に近づけるには、日本語の単語に見られるこれらの母音の連続を消してしまうのです。

 

具体的にどうするかというと、「むりやり母音を1つにする」のです。例えば

 

 

階段 → ケダン(Kedan)

朝鮮 → チョセン(Chosen)

地球 → チキュ(Chikyu)

東京 → トキョ(Tokyo)

スーパーハイビジョン → シュパヘビジョン(SyupaHebizyon)

 

 

とするのです。そうすると韓国語っぽい響きにぐっと近づきます。ちなみに上に挙げた「階段」「朝鮮」「地球」の本物の韓国語の発音は、それぞれ「キェダン」「チョソン」「チグ」です。

 

どうですか?だいぶ似ていますよね。

 

 

1漢字1母音

 

例えば以下の単語を見て下さい。

 

「洗濯機」(Sentakuki)

「大韓民国」(Daikanminkoku)

 

これらの単語は母音の連続が少ないですよね。これらを韓国語っぽくするにはどうしたらいいか。これらの単語は「1漢字1母音」にすればいいのです。

 

 

例えば「洗濯機」を見てみましょう。真ん中の「濯」(taku)という漢字が、1漢字に母音が2つ入っちゃってますよね。これを1つにします。ではuの発音を消してみましょう。

 

すると、センタッキ(Sentakki)という発音になります。本物の韓国語の発音は「セタッギ」(setaggi)です。かなり韓国語に近づきましたよね。

 

 

続いて「大韓民国」を見てみましょう。最後の「国」(koku)が1漢字2母音になっています。更に、最初の「大」(dai)には母音の連続があります。これらを全部修正していきましょう。

 

ダイ(dai)はデ(de)にします。国(koku)はkoを取り除いて(ku)にします。

 

するとデカンミンク(Dekanminku)という発音になります。本物の韓国語の発音は「テハンミングッ」です。どうですか?かなり似ていますよね!

 

 

韓国語の特徴

 

頭のキレる人はもう理解していると思いますが、韓国語を表現しているハングル文字は「1文字1母音」という仕組みになっているのです。

 

 

韓国の大統領さん。日本語風に読むと文在寅(ブンザイイン)ですけど、韓国語では(ムンジェイン)ですよね。ザイ(zai)がジェ(zye)に変化したことで、母音が1つになっています。

 

金正恩(キンセイオン)も、(キmジョンウン)となります。こちらもセイ(sei)がジョン(jon)に変化したことで、母音が1つになっています。

 

 

ちなみに金という単語をよく(キム)という風に表現しますが、あれは厳密には誤りです。正しくは(キm)です。キムにするとKimuになってしまうので誤りなのです。

 

 

日本語は子音だけを表すことができない言語なので、仕方なくキムと表記しているだけです。

 

 

韓国語についての過去記事はコチラ↓

www.nomap-inlife.com

 

感想・ひとこと

 

韓国語は母音の連続ができない言語、日本語は子音だけの発音ができない言語、などなど、韓国語と日本語を比較してみると面白い発見が沢山あります。

 

 

僕が思ったことは、日本語は発音しにくいけど聞き取りやすい、韓国語は聞き取りにくいけど発音しやすい、という風に分かれていると思います。

 

 

連続してダイカンミンコク、ダイカンミンコク…と10回言うのは大変ですけど、テハンミングッ、テハンミングッと10回言うのは簡単ですからね。僕もたまに韓国語の発音が羨ましくなることがあります。

 

 

今回の記事を見て、韓国語に少しでも興味を持って下されば幸いです!

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。