人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

日本の国旗「日の丸」が凄いと思う3つの理由

スポンサーリンク

こんにちは。テレビでは平昌オリンピックの話題で持ち切りですよね。そして日本人選手も見事な活躍ぶりを見せています。

 

 

オリンピックは世界中の国の選手が集まるということで、様々な国旗が並んでいるシーンをよく見かけますよね。僕はそのシーンを見ると毎回思うことがあります。それは、日本の国旗「日の丸」が凄いということです。

 

 

僕は昔から国旗に興味がありました。幼少期にはテレビよりも国旗の本を熟読していましたし、おえかきちょうには世界中の国旗を描いていました。

 

 

ではなぜ、僕が「日の丸」を凄いと思うのか。それには3つの理由があります。一つずつ話していこうと思います。

 

 

 

1.誰でも描ける

 

子どもの頃から世界中の国旗を描いてきたので分かるのですが、案外“誰でも描ける簡単な国旗”というのは少ないのです。

 

 

例えばアメリカ国旗です。皆さんアメリカの国旗は分かりますよね。おそらく多くの人がアメリカの国旗を見て判別できると思います。

 

 

しかし、いざ描くとなるとどうでしょう。皆さんはアメリカの国旗を描けますか?横線は何本ありますか?星の並び方はどんな感じでしょうか?

 

 

おそらく描くとなるとキツイと思います。意外とアメリカの国旗を正確に描ける人は少ないのです。

 

 

韓国の国旗はどうでしょう。おそらく日本人のほとんどが、見れば一発で韓国の国旗は識別できるでしょう。

 

 

では聞きます。韓国国旗の中央の模様、赤と青どちらが上ですか?また、赤と青の模様は波打っていますが、その波はどんな感じでしたか?四方にある黒い模様は、四か所全部異なる模様となっていますが、描けますか?

 

 

おそらく、日本の隣国で頻繁に見ているはずの韓国国旗でも、日本人で正確に描ける人はほとんどいません。

 

 

中国国旗も実は意外と難しいです。小さい星の向きや位置など、間違えてしまう人が多いです。あんなにシンプルそうな国旗ですら、描けないのです。

 

 

しかし、日本の国旗「日の丸」は違います。一目見れば絶対に忘れません。韓国人で日本の国旗を描けないという人はまずいないでしょう。僕も5歳の時には正確に描くことができました。非常にシンプルで良い国旗でしょう。

 

 

 

2.シンプルなのに独創的

 

上で説明した通り、日本の国旗は非常にシンプルです。しかし、シンプルではあるのですが非常に独創的でもあります。

 

 

その証拠に、日本国旗と似ている国旗は世界であまり見受けられません。中央に丸一つというデザインは世界ではかなり少数派です。しかも背景が無地となると、これはもう日本だけです。

 

 

ヨーロッパの国の多くは三種類のカラーで似通ったデザインを持ち合わせています。他の国々は、どこも個性をだそうと様々なデザインを施しているのですが、それが逆に没個性的になってしまいます。

 

 

なので、オリンピックで沢山の国旗が並べられていると “日の丸”は非常に目立っています。とても存在感がありますよ。

 

f:id:clumsyboy:20180215221505j:image

 

3.国の特徴を表している

 

まず何よりも、日の丸は日本という国のことを非常にうまく表しています。

 

 

ご存知の通り日本は、ユーラシア大陸で最も東に位置して

いる国です。太陽が昇るのが最も早い国の1つです。

 

 

あんなにシンプルな国旗なのに、地理的環境を的確に表現

しているのは本当に凄いことだと思います。

 

 

また、太陽は沈んでも必ずまた昇ります。日本という国も、かつて何度も沈んできましたが、必ず返り咲いています。そういった歴史的な背景も、この国旗には刻まれているのかなと思います。

 

 

 

まとめ

 

日の丸は、シンプルだけど独創的、そして日本という国を的確に表している国旗です。僕は日の丸が大好きです!

 

 f:id:clumsyboy:20180215221509j:image

 

最後まで見てくれてありがとうございます。