人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

女性専用車両へわざわざ乗り込む意図が分からない~主張と実現したいことの話~

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

先日、女性専用車両を巡ってちょっとしたトラブルがありましたね。概要を簡単に言うと「女性専用車両に男性数人が乗り込み、電車が出発できず遅延」という内容です。

 

詳細は下記リンク。

www.huffingtonpost.jp

 

 

 

この乗り込んだ男性というのは、女性専用車両の存在に反対している人たちです。つまり、意図的に女性専用車両に乗り込んでいる人たちということです。

 

 

前にYouTube上でそういう活動をしている人の動画を見たことがありますので、そういった人が存在していることは前から知っていました。「女性専用車両に反対する会」という組織も存在するくらいです。

 

 

 

主張は分かる

 

女性専用車に反対する人の主張は理解できます。女性専用車両は法律上男性も乗れるようになっているにも関わらず強制的に別の車両に移動させるのはおかしいと思います。

 

 

任意協力のはずなのに事実上強制となっている。これを “おかしい” と主張することは何も間違っていません。

 

 

そういうわけで、彼らの主張は正しいです。完全に正論です。ただ、僕が分からないのは “その主張の手段” です。女性専用車両にわざわざ乗り込み駅員とトラブルを起こすことで、一体何を実現しようとしているのかが分かりません。

 

 

 

主張と実現したいことのズレ

 

女性専用車両に反対している人たちは、「男性も乗れるはずなのに強制的に追い出すのはおかしい」「平等主義に反する不合理な行いだ」という言い分です。

 

 

それなら、「女性専用車両の存在はおかしい」ということを世の中に広めるべきです。しかし、彼らがやっている“女性専用車両にわざわざ乗り込む”行為は、むしろ逆に世の中の人の反発を買っています。

 

 

事実、YouTubeでの女性専用車乗り込み動画は低評価が非常に多いです。これでは、女性専用者車両をもっと厳格に定義して、男性は完全に乗れないようにしよう、という方向に世の中が進んでしまう気がします。ベクトルが真逆なのです。

 

 

本当に今の女性専用車両の在り方を変えたいのなら、むしろ積極的に女性専用車両に乗らない方がいいはずです。

 

 

女性専用車に反対する人たちで、混雑時に一斉に普通車両へ乗り込みます。すると、普通車両はかなり混雑し“女性専用車両は比較的空いている”という状況をつくれます。

 

 

これなら「女性専用車っておかしくね?」と思う人が増えるはずです。

 

 

 

ただ女性専用者に乗り込みトラブルを起こすだけでは、面倒くさい人が居る、と思われてしまうだけです。

 

 

以上の理由で彼らの“主張”と“実現したいこと”はズレてしまっていると感じます。

 

 

 

一言

 

ちなみに僕個人としては、女性専用車両は在っていいと思っています。なぜなら、一般的に男性の方が、力も強いし性欲も強いからです。そういう男性を“怖い”と思ってしまう女性が一定数居るのは必然だと思います。

 

 

特に、過去に痴漢や性犯罪に巻き込まれたことのある女性なら尚更です。女性専用車両が、弱い立場の人が安心できるスペースとなっているのなら、それをあえて無くしてしまう必要はないのではと思います。

 

 

また、女性専用車両に反対する人たちを非難する気持ちもありません。世の中の曖昧な部分に切り込んでメスを入れようとしていること自体は素晴らしいことだと思うからです。到底、普通の人にはできません。

 

 

パチンコや売春、労働基準法や自衛隊など、日本には曖昧なことが多すぎます。誰かが立ち上がらないと世の中の矛盾はずっと無くなりません。

 

 

ただ、正しいことをそのまま解釈して実行しても、周りは反発を起こします。人は間違いを絶対的な正論で諭されるとムカつくからです。お互いを理解しあうことがまずは大切なのではないでしょうか。

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。