人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

東京23区(特別区)で最も知名度の高い区はどこ?~トップ5を東京都民が推測してみた~

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

日本の首都である東京都には23の特別区が存在しています。「特別区」というのは東京にある区のことで、東京以外の都道府県でいう「市」に該当する自治体のことです。

 

東京以外在住の方は知らないかもしれませんが、23区にはそれぞれ区の番号というものが振り分けられています。その番号順に区の一覧を載せたのが以下の表です。

 

01 千代田区
02 中央区
03 港区
04 新宿区
05 文京区
06 台東区
07 墨田区
08 江東区
09 品川区
10 目黒区
11 大田区
12 世田谷区
13 渋谷区
14 中野区
15 杉並区
16 豊島区
17 北区
18 荒川区
19 板橋区
20 練馬区
21 足立区
22 葛飾区
23 江戸川区

 

このように、東京には23もの区が存在している訳ですが、その知名度には大きな格差があると思われます。東京在住の方であればほとんどの区を知っていると思いますが、地方在住の方からしたら、知っている区と聞いたことのない区とで大きく分かれると思います。

 

そこで今回は、生まれも育ちも東京都民である僕が、これまでの経験を基に独断と偏見で、全国的に知名度のある区を推測してみようと思います!

 

 

目次

 

 

知名度の低い区

 

今回は知名度の高い区を推測していくということで、まずは“知名度の低い区”を候補から除外していこうと思います。

 

では、知名度の低い区とはどこなのでしょうか。調べてみると、23区の知名度について調査をした結果がネットに載っていました。それは以下のサイトです。

 

3位江戸川区、2位豊島区……1位は断トツ! 東京23区で「え、こんなんあったっけ?」と思う区は? | 大学入学・新生活 | 学生トレンド・流行 | マイナビ 学生の窓口

 

このサイトによると、知名度の低い区のトップ5は

 

1位 北区
2位 豊島区
3位 江戸川区
4位 江東区
5位 大田区

 

だそうです。確かに、ネームバリュー的にもあまりいい感じはしませんよね(笑) 実際、東京都民ですらその区に何があるのか、その区がどこにあるのかを知らない人も多くいると思います。

 

しかし、東京に住んでいない人でも「池袋」という街の名前くらいは知っているのではないでしょうか?池袋は東京の中でもかなり有名な街ですよね。実はこの「池袋」という街、知名度の低い区ワースト2位の豊島区にあるんですよ。

 

街の名前が有名であったとしても、その街がある区自体は有名でないということも十分に考えられるのです。マチュピチュという観光名所は知っているけど、それがどこの国にあるのかは知らないという状態とよく似ていますね。

 

 

知名度の低い意外な区

 

東京都民であれば誰もが知っている有名な区でも、地方の人は意外と知らないというパターンの区があります。それは「新宿区」「渋谷区」「品川区」です。いずれも、23区でトップクラスに栄えている区ですが、意外ですよね!

 

実はこれらの区、地方の人からは街や駅の名前として認知されていることが多く、区だとは思っていなかったというパターンがあるのです。つまり「渋谷」という街がどこかの区に所属していると勘違いしてしまっているのです。

 

そういった理由から、名前自体は全国的に知れ渡っていても、区としての知名度は低くなっているのです。僕も大学に入ってから、「渋谷って区だったんだ!」と驚いている地方出身の方を沢山見ています。

 

また、新宿区は、東京都庁もあることで事実上の東京都の県庁所在地というわけですが、東京在住でない方は、都庁がどこの区にあるかということは意外と知られていないことが多いのです。

 

 

確実に知名度の高い区は

 

では、残った区から確実に知名度の高いと思われるであろう区を3つ挙げていこうと思います。それは「千代田区」「世田谷区」「港区」です。

 

まず、千代田区には皇居があります。東京駅もあります。官公庁の建物や警察庁、国会議事堂や最高裁判所、その他様々な政党の本部が所在しています。事実上、日本の中心とも言える区です。そのため、知名度はかなり高いと言えるでしょう。

 

 

続いて世田谷区ですが、世田谷区は全国の住みたい街ランキング(2016版)で4位に輝いています。東京の自治体としては見事1位です。

 

世田谷区は、都心に近く、公園が豊かで、高級住宅街もあったりと、基本的に住んでいるだけでステータスになるようなお洒落な区なのです。

 

 

最後に港区です。港区は全国の自治体の平均年収ランキングで堂々の1位を獲得している区です。日本一、お金持ちが多い街と言えるのです。有名でない訳がありません。

 

ちなみに港区は、先ほど挙げた全国の住みたい街ランキング(2016版)でも6位にランクインしています。やはり、それだけ憧れる人も多い有名な区なのです。

 

 

知名度の高い意外な区

 

これまでに名前を挙げていない残りの区で、僕が個人的に有名ではないかと考える区が2つあります。それは「足立区」「葛飾区」です。

 

なんでやねん!と思う方も多いと思います。名前からして、明らかに「世田谷区」「港区」などと対等に並び立てるような区ではありませんよね(笑) 確実に場違いです。

 

しかし、今回のテーマはあくまで“知名度”です。街のオシャレ度や輝かしさ、高級感などはまったく関係ないのです。

 

足立区がなぜ知名度が高いのか。それは、治安の悪さや凶悪事件による不名誉な悪名によるものです。足立区は“治安の悪い区”としてしばしばテレビ番組でネタにされることがあります。事実、東京都民として足立区に関しての悪い噂は沢山聞きます。

 

具体的なデータとしては、犯罪件数都内ワースト(2017)大学進学率が23区中最下位平均年収が23区中最下位、と全体的にランキングでは良くない結果が多く見られる傾向にあります。

 

 

続いて、葛飾区は一見するとただの何もない区なのですが、知名度だけはかなり高い区となっています。その理由は、男はつらいよという大ヒット映画、こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)という超長期連載漫画の知名度が高いことにあります。

 

『男はつらいよ』は年配の層で知らない人はまずいないほどの有名な映画で、その主人公である寅さんが「生まれも育ちも葛飾柴又」なのです。このセリフを聞いたことがある人は多いと思います。

 

そして、比較的若い層では『こち亀』が圧倒的な知名度を誇っています。まず、知らないという人はいないでしょう。それほど有名な漫画のタイトルに「葛飾区」と入っているのです。むしろ、「葛飾区」=『こち亀』といっても過言ではないでしょう。

 

 

まとめ

 

  • 東京23区で全国的に知名度の高い区は「千代田区」「世田谷区」「港区」「足立区」「葛飾区」がトップに入ると推測される。

 

  • 「千代田区」=東京の中心
  • 「世田谷区」=オシャレで住みやすい
  • 「港区」=お金持ち
  • 「足立区」=治安が悪い
  • 「葛飾区」=寅さん&こち亀

 

 

以上、僕が個人的に推測する、東京23区の知名度が高い区でした!地方在住の皆さんは、以上の区を知っていますでしょうか?違う意見がありましたらどんどんコメントで教えてくださいませ!

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。