人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

新品の本よりも古本をオススメする理由3選!

スポンサーリンク

こんばんは。

 

f:id:clumsyboy:20181029000400p:plain

 

皆さんは、本を購入するにあたって自分だけのこだわりを持っていますか?僕は、こだわりと言うほどではないかもしれませんが、本を買う場合は、なるべく中古の本(古本)を探すようにしています。

 

出版されたばかりの新しい本などは仕方なく新品で買ったりしますが、そうでない場合は、大抵、古本屋などで中古の物を手に入れるよう心がけています。

 

というわけで今回は、僕が新品の本よりも古本をオススメする理由についてまとめてみました。人それぞれ考え方は異なると思いますが、何か本の購入にあたっての参考になれば幸いです!

 

 

値段が安い

 

なんといっても中古の本の最大の魅力は、値段が安い点です。新品で1,200円近くする本も、古本屋などで探すと500円前後の値段で売っていたりします。定価の半額以下になっていることがざらにあるのです。

 

中古となると、ところどころページがよれよれになっていたり、折れていたり、僅かな汚れがついていたりしますが、肝心のコンテンツ自体が破損していることはほぼありません。ただ、印刷媒体が劣化しているだけで、中身は新品のものと変わらないのです。

 

僕は以前、上下巻合わせて3,000円以上する本を新品で買ったことがあるのですが、その直後に立ち寄った古本屋でその本が上下巻合わせて1,000円で販売されていたのを見かけた経験があります。

 

学生にとっての2,000円は非常に大きく、ショックもそれだけ大きかったです。古本で本を購入する習慣を付けたら、そのようなショックを受けることも少なくなりましたし、本に掛かる出費もかなり抑えられるようになりました。

 

 

心置き無く汚せる

 

新品でピカピカの本を読むときって、ついつい折り目がつかないように慎重になってしまったりしませんか?どうしても、新しくて綺麗なものって、そのままの状態を維持したいと思ってしまいますよね。汚さないよう慎重になり過ぎて、ただ本を読むだけで疲れてしまうこともあります。

 

しかし、中古の本であれば、初めから多少汚れていることがほとんどなので「綺麗な状態を保たなければ!」と余計な気を張らなくて済みます。本以外にも、新品の持ち物なら少し汚れただけでもショックですが、既にボロくなった持ち物が多少汚れたってそれほど気になりませんよね。

 

開いたままページを机に押し付けたり、気になるページを折って跡を付けたり、ペンで書込みしてみたり、新品の真新しい本にするのが憚られることも、中古の本なら心置きなくすることができます。

 

そもそも、本は何度も読んでいくうちにボロボロになっていくものです。ちょこっと読んで直ぐ転売しよう、とでも思っていない限りは、初めから少し古くなった中古のものを買った方が心理的に楽なのです。

 

 

読み古したアピールができる

 

多くの本は、一度読み終えたら「またいつか読もう!」と思っていても、結局はずっと本棚にしまいっぱなしになってしまいガチです。

 

新品の真新しい本であったら、いつまでも本棚に放置してただ徒然なるままに劣化していく状況に罪悪感を感じたりします。しかし、中古の本であれば、そもそも初めから劣化し始めているので、それほど罪悪感がありません。

 

一度読んだだけでそれっきりずっと本棚に置いてあるだけでも、何となく読み古した感が出せるのです。また、友達に本を貸す場合にも、しっかりと読み古してますアピールが出せるのもポイントの1つです。

 

 

この記事のまとめ

 

僕が中古の本をオススメする3つの理由

 

  • なによりも値段が安い!半額以下になっていることも。

 

  • 折り目を付けたり、書き込みをする罪悪感が少ない!(初めから古くなっているから)

 

  • 一度しか読んでいなくても“しっかり読み古した感”を出せる!(半分ジョークです)

 

以上が、僕が新品の本よりも古本をオススメする理由です!ただ、人によって考え方や価値観は異なります。この記事は、あくまで僕はこう思っていますよ、というだけで、全ての方に当てはまるわけではありません。

 

本を購入するにあたっての参考程度になれれば幸いです!

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。