人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

ゲームをする動機には三種類ある。良い動機と悪い動機の違いとは…?

スポンサーリンク

こんにちは。

 

皆さんはゲームをしますか?現在ではスマホとアプリゲームの普及により、電車や学校といった屋外でもゲームをするという人は増えたと思います。

 

僕もゲームは大好きで、PS4などの据え置きゲームからスマホのアプリゲームまで様々なゲームをプレイしています。

 

そこで、長らくゲームをやってくることで新しい発見もありました。それは、ゲームをする動機です。

 

 

あくまで僕の考えですが、人がゲームをするのには3種類の動機があります。それは「自己満足」「単純に楽しいから」「自己顕示」です。1つずつ説明していこうと思います。

 

 

「自己満足」

 

これは、そのゲームをすることで何か満足感を得られるパターンです。

 

 

例えば僕がやっている「世界地図パズル」というゲームです。僕はこのゲームを、世界の全ての国を暗記するためにプレイしています。

 

 

楽しくないというわけではありませんが、楽しさを求めてはいませんでした。また、人と競うことも求めていません。自分自身の成長のためにプレイしていました。

 

 

他には、友達でチェスを覚えたいという理由で、スマホのチェスゲームアプリをプレイしている人がいます。これも、ルールを覚えるという目的で遊んでいます。ルールが覚えられれば満足なのです。

 

これが「自己満足」型動機です。

 

 

 

「単純に楽しいから」

 

これは言葉の通り、そのゲームが楽しいからプレイする、ということです。ゲームをする動機としはこれが最も多く、健全です。

 

 

RPGゲームで主人公を強化してどんどんストーリーを進めていくのは楽しいですよね。

 

 

ゲーム自体に惚れている、それがこの動機です。

 

 

 

「自己顕示」

 

そして、ゲームをする動機として最も良くないのがこの「自己顕示」型です。

 

 

ゲーム自体には楽しさを求めず、ただ単に人より上に立ちたい、自分は凄い人間だと証明する道具としてゲームをしている状態です。

 

 

例えば僕の友達に、アプリ版どうぶつの森を一日4,5時間プレイしている友達がいます。彼のレベルは80を超えています。アプリ版どうぶつの森、僕は一日で飽きてしまったので不思議でした。

 

 

そこで、彼に何が面白いのか尋ねてみると

 

 

「正直面白くないよ、作業だね。」

 

 

え、面白くないの?毎日そんなにプレイしているのに?

 

本当に驚きました。

 

 

多くの人がプレイしているゲームで、上位になりたい。ただそれだけのためにプレイし続けているとのことでした。

 

 

人の趣味嗜好にとやかく言うつもりはありませんが、僕は絶対にそういう目的でゲームはやりたくないと思いました。膨大な時間の無駄使いとしか感じられないからです。

 

 

ゲームをやるなら、楽しいと思えるものが一番です!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。