人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

あなたは大丈夫?「ひらがな・カタカナ」の書き順を調べ直したら衝撃の結果が…

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

突然ですが、皆さんはいつ頃から「ひらがな・カタカナ」を書けるようになったのか覚えていますか?おそらく、遠い昔のことで記憶にないという人が多いのではないでしょうか。

 

ちなみに僕は、親に聞いてみたところ、3歳の段階でひらがなの読み書きがある程度できていたそうです。5歳の頃には、カタカナも一通り覚えていたそうです。これは比較的早い方らしいです。

 

そう言われてみると、幼稚園の他のクラスメイトが「ひらがな」を読めないことを不思議に感じていたり、バスから看板の字を読み上げただけで先生にとても褒められたりした記憶があります。この頃が僕の人生のピークだったわけですね(笑)

 

早い段階から自宅にインターネット環境があったり(今となっては当たり前だが)、もともと言語や文字に興味があったこともあり、僕は文字学習に関して割と自信があったわけです。

 

しかし、ある一点に関しては不安がありました。それは「書き順」です。書き順に関して、一応は学校で習った記憶はあるのですが、それ以前に自宅でひらがな表を見て覚えたのが先だったので、間違って覚えている可能性があったのです。

 

そこで今回僕は、以下の書き順チェックができるサイトで自分の書き順が果たしてあっているのかどうかを検証してみることにしました。

 

ひらがな・平仮名の書き順画像一覧 | KKJN

 

すると、意外な結果が明らかになりました!

 

 

ひらがなの書き順

 

ひらがなの書き順をすべてチェックしてみたところ…

 

 

無事、すべてのひらがなの書き順が正しく書けていました!

 

 

正直心配だったのですが、とりあえず安心しました。ひらがなに関しては、さすがに問題はなかったようです。多くの日本人が人生で一番初めに習う文字ですものね。こればっかりは正しく覚えていたようです。

 

この調子で、カタカナもきっと問題はないだろう。初めはそう思っていました…。ところがこの後、予想外の事態が起こります。

 

 

カタカナの書き順

 

ひらがなを難なくクリアーし、その調子でカタカナの書き順をチェックしてみました。すると…

 

なんと、書き順を間違って覚えていた字が3文字ありました。20余年、ずっと書き順を間違えて書き続けてきたということです。その3文字は「ヒ」「メ」「ヲ」です。

 

「ヒ」という字は、はじめに横線を書いて、次にL字線を書きますよね。そこは合っていたのですが、問題は横線を書く方向です。僕は右から左へ書いていたのですが、正しくは左から右だったのです!

 

「花」という字の「ヒ」になっている部分の横線は、右から左で正しいのですが、カタカナの「ヒ」の横線は左から右だったのです。頭に冷水をかけられたような気持でしたね。もういまさら修正などできません(笑)

 

「メ」という字は、はじめに上から下へ通る長い縦線を書いて、その次に左から右へ通る横線を書くのが正解です。僕は、この順番が逆になっていました。はじめに横線を書いて、その次に縦の線を書いていたのです。

 

つまり「刈」「希」「殺」「脳」「鬱」など「メ」が使われている漢字はすべて書き順を間違えて覚えていたということです。まさに雷に打たれたような気持でした。まあ、これもいまさら修正はできません(笑)

 

最後に「ヲ」という字は、はじめに横線を二本引いて、最後に縦線を引くという三画の文字だそうです。僕はこの字を二画で書いていました。はじめに書く上の横線と縦線が同じ画だと思っていたのです。

 

これは本当に納得できません!なぜなら「ウ」も「カ」も「ク」も「コ」「ス」「タ」「ヌ」「ネ」「フ」「マ」「ユ」「ヨ」「ラ」「ロ」「ワ」も、すべて“横線からの縦線”の部分が一画のカウントなのです!なぜ「ヲ」だけ二画なのでしょうか?!意味が分かりません!

 

まあいずれにしろ、いまさら修正はできないので、これも今まで通りの書き順でやっていこうと思います!しかし不思議ですね。

 

 

まとめ

 

ひらがなは全部正しく書けていたが、カタカナは「ヒ」「メ」「ヲ」の書き順を間違って覚えていたことが判明した。

 

当たり前だと思っていたことが間違いだと気がつくと、人は衝撃を受けるものですね。最後に学んだのが十数年前というのも相まって、本当にダメージが大きいです。

 

皆さんは、ひらがな・カタカナの書き順をすべて正しく書けていますか?心配な人も、余裕な人も、ぜひ今一度、振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。