人生に地図はない

人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

クラッシックなパズルゲーム「Pop Star-2017」をプレイしてみた

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

実は今、僕はとあるゲームにハマっています。それがこちら、「Pop Star-2017」というアプリゲームです。

 

Pop Star - 2017

Pop Star - 2017

  • bing liang
  • ゲーム
  • 無料

 

 

どうやらこれは昔からあるクラシックなパズルゲームで、僕がやっているのはその最新リメイクバージョンです。

 

 

どういったゲームなのか。遊び方を説明していきます。

 

 

 

How to play 遊び方

 

 

1 Just tap two or more stars of the same color

(同じ色のブロックが2個以上繋がっているところをタップして消そう)

 

 

2 There is no time limit, but each stage has target points to proceed to next stage

(時間制限はありません。その代わり、それぞれのステージごとに達成条件となるスコアがあります)

 

 

3 Magic-Star can help you to change the color of star during playing

(マジックスターを使えば、ステージのブロックの色を変更できます)

 

 

 

これだけです!非常にシンプルです。用は各ステージで条件スコアを獲得していき、最終的に何ステージまで行けるかを競うゲームです。達成条件となるスコアを獲得できなかった時点でゲームオーバーです。

 

 

 

高得点をとれる要素

 

 

普通に2個ずつブロックを消していったらあっという間にゲームオーバーになります。このゲームには高得点をとるコツがあります。

 

おそらく皆さん気づいていると思います。そう、ブロックを多く繋げることです。より沢山のブロックを繋げて消せば、かなりの高得点を得ることができます。

 

 

ちなみに得点の計算式は下記のとおりです。

 

 

(繋げたブロック数)×(繋げたブロック数)×5

 

ブロックを2個消した場合…2×2×5=20点

ブロックを3個消した場合…3×3×5=45点

ブロックを4個消した場合…4×4×5=90点

 

 

 

さらに、ステージ終了時に残したブロックの数が10個未満ならボーナスポイントをゲットできます!

 

 

ボーナスポイントの計算式は下記のとおりです。

 

2000-(残ったブロック数)×(残ったブロック数)

 

 

つまり、ブロックを全消しすることができれば2000点を追加でゲットできます。

 

 

 

 

獲得ポイントは繰り越される

 

 

このゲームでは、獲得したポイントは次のステージに繰り越されます。

 

 

例えば、1ステージのステージクリア条件が1000点で、実際に3000点獲得したとします。その場合、次のステージの達成条件が4000なら残り1000点を取ればクリアとなります。

 

 

ステージに入った段階で既にクリア条件を達成している場合は、ブロックを一か所破壊した瞬間ステージクリアとなります。長く続けるためには、点数をどんどん貯金していくことが重要になってきます。

 

 f:id:clumsyboy:20180125192001p:image

 

上の画像では、クリア条件(Taeget)が1018000点ですが、既に1060620点を手に入れているのでこのステージはクリアしていることになります。

 

 

 

高得点をとるテクニック

 

 

全消しよりも、ブロックを多く繋げることを目指した方が良いです。

 

f:id:clumsyboy:20180125192028p:image

f:id:clumsyboy:20180125192033p:image 

 

それと、下の方のブロックを消す場合、上のブロックを注視しておいた方が良いです。折角繋がっていたブロックを引き離してしまうことになるかもしれないからです。なので、下の方のブロックを消す前に、上の方の繋がっているブロックを先に消しておいた方が良いです。

 

 

 

まとめ

 

 

最初は難しく感じますが、慣れるとサクサク進めることができて非常に楽しいゲームです。

 

 

大量に繋げて消去する瞬間の爽快感はたまらないです。皆さんも是非プレイしてみて下さい!

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。