人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

喧嘩⁈逮捕⁉ 僕の中学であったヤバい事件トップ3

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

誰もが甘酸っぱい青春を過ごしたであろう中学時代、人それぞれ色々な思い出があると思います。ちなみに、そういう僕の中学時代は波乱万丈でした。

 

 

なぜなら、僕の通っていた学校は区内最悪の不良中学だったからです。過去には何度も逮捕者が出ており、掲示板にも多くのスレッドが立ち、学校名を検索すれば候補に「事件 ヤンキー 裏サイト」などが出てくるほどです。

 

 

全国放送のテレビでも、その荒れっぷりが何度も名指しで報道されたことがあります。地元では知らない人が居ないほのど(悪い意味で)有名中学なのです(ちなみに、校長先生も事件を起こし捕まったことがあります)。

 

 

最近では区の方針が変わり、区内の学生が進学先の中学を自由に選べなくなりました。そのお陰で、今でこそ母校の治安は安定していますが、僕が通っていた頃はヤンキーが集まり、激しい定員割れが起こり、治安も非常に悪い状態でした。

 

 

そこで今回は、僕がその中学に通っていた時に起きた印象的な事件を3つ紹介していこうと思います!

 

 

目次

 

 

3位 学級間戦争事件

 

これは僕が3年生の時です。当時、1組と2組の間で激しい対立が巻き起こっていました。エアコンの温度設定で1組が優遇されているということに2組の生徒が不満を持っていたのです。

 

2組は活発なヤンキー生徒が多いクラスで、1組は控えめでオタクな人が多いクラスでした。そのせいか、2組の一部の人たちは元から1組を激しく嫌っていたのです。

 

そんなある日、事件は起きました。1組のオタクのリーダー的な生徒(Aとする)が、2組のあるヤンキー(Bとする)に名指しで「サル」だの「〇障」だの悪口を言っていることが発覚したのです。

 

それを知った2組のBがブチ切れ、朝早く学校に行き、1組の黒板に「Aぶっ殺す」と書き、Aを待ち伏せしていたのです。

 

そんな中、何も知らずに登校してきたAは、Bと鉢合わせ、バトルが始まったのです。バトルと言っても、体力と体格で優位なBが一方的にAを袋叩きにする形でした。

 

BはAを突き飛ばしたりぶん投げたりしたので、教室中の机は滅茶苦茶になっていました。1組の生徒は全員教室から脱出し、廊下に溢れていました。

 

ようやく異変に気づき駆けつけた教師3人がBを止めに掛かり、バトルは終了しました。しかし、これでは終わりませんでした。

 

実はAには不良の兄がいて、Aは自身がリンチされたことを兄に伝えていたのです。Aの兄は停学中のBの家へBを殺しに向かいました。

 

その後、どういう展開があったのかは分かりませんが、AとBは和解し、クラス間の対立も収束しました。ちなみにBは顔がズタズタになっていました。

 

 

2位 近隣住民抗議事件

 

ある日の昼休みに、5,6時間目が中止になり、代わりに体育館で緊急集会を開くという内容の放送が流れました。あまりにも突然のことだったので、何が起こるのか全く予想がつきませんでした。

 

体育館に入ると、ステージの上のイスに、物凄い形相でコチラを睨みつける私服の男性が座っていました。その人が誰なのかは全く分かりませんでした。

 

しかし、周りの先生方、特に副校長や校長がやたらとその人にペコペコしているのが見え、僕たちは近隣住民が何かしらの文句を言いに来たのだと悟りました。過去にも、こういったことが何度かあったのです。

 

その予想は的中し、その私服の男性は「テメエらぶちのめすぞホントに」という言葉から、僕らの公園利用マナーが悪すぎるという苦情を語り始めました。

 

その男性には病気で寝たきりの母親が家におり、隣の公園で毎日騒ぐ中学生が病気の母の状態を悪くしていると主張し始めたのです。

 

それ以外にもいろいろ話していましたが、要約すると「俺の母親が死んだら、俺の仲間呼んでお前らを潰す」という内容を語り、帰っていきました。

 

公園で騒いだことのない僕からしたら、本当に恐怖の出来事でしたね。この中学の制服を着ているというだけで、攻撃を加えられかねない事態になったのですから。

 

 

1位 上級生による中学襲撃事件

 

僕が中学1年の頃、昼休みに2人の友達と一階の下駄箱スペース遊んでいました。当時の母校は定員割れが酷かったため、外との出入り口が完全に封鎖されている未使用の下駄箱エリアがあったのです。

 

そこで平和に遊んでいると、突然、外に繋がる金属のドアが、外から激しくたたきつけられたのです!僕らは怖くなり、急いで4階まで上がりました。

 

すると、正門から、バイクに乗った不良集団十数人が校舎に突入してきたのです!彼らは母校と隣の中学の上級生で構成された不良グループです。

 

下の方から先生の怒号とバイクの吹かす音が響き渡っていました。バイク軍団は校舎を突き抜け、校庭に向かいました。そして、校庭のトラックをバイク数台で周回し始めたのです!

 

校庭は砂だったので、激しい砂埃が舞い上がりました。体育教師がバイクを止めようと挑んでいる様子がかろうじて確認できました。僕たちはその光景を4階の教室から見下ろしていました。まるで映画のワンシーンのようだったのを今でも覚えています。

 

さらに、階段の下の方からもバイクの音が聞こえてきました。どうやら一階の廊下をバイクで走っているようなのです。火災報知器が鳴り響き、教師陣が一斉に階段を下っていく様子が教室の中から見えました。

 

学校内は完全にパニック状態でした。学校は、上級生の不良グループによって襲撃されていたのです!その後は、バイク集団が校庭から出ていったことで事件は収束しました。

 

 

まとめ

 

以上、僕が書いたことは全て実話です。多少のフェイクも入れていますが、事件の大筋には基づいて語っています。

 

こうやって書いてみると、とても同じ日本で起きた出来事とは思えませんね。ちなみに当時の僕は、中学はどこもこんなものだろうと思っていたので、これらの事件が特別凄いことだとは思っていなかったのです。

 

その後、まともな高校に進学した時に、あの中学はヤバかったんだと始めて気がつきました。今現在その母校の前を通ると、平和に体育の授業をやっていたり、窓ガラスがどこも割れていなかったりして、治安が安定していることが伺えます。

 

僕が通っていた当時は、とても21世紀とは思えない、世紀末な感じの中学校でした。この記事が好評だったら、今後も中学であった面白い出来事について逐一語っていこうと思います。

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。