人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

今さらながらテレビドラマ“逃げ恥”を観てみた感想

スポンサーリンク

今から1年ほど前に大ヒットしたテレビドラマ“逃げるは恥だが役に立つ”をDVDで全話観ました。

その感想を書いていこうと思います。

 

まず、僕の中ではこのドラマ、凄く良かったです!一見恋愛ドラマのように見えるのですが、よくある恋に落ちて最終的に結ばれる恋愛ドラマとは違います。そういうロマンティックラブはこのドラマでは登場しません。結婚や家族について深く切り込んだ新しいテーマのドラマなのです。

 

そもそも“逃げ恥”を観ようと思ったのは、大学のジェンダーの授業で紹介されたことがキッカケでした。

実際にほんの一部を映像で観してもらいました。そのシーンというのが、主人公の森山みくりさんが雇用主の津崎さんに契約結婚を提案するといった場面でした。意外にも津崎さんはこの提案を受け入れ、奇妙な結婚生活がスタートするのです。

 

 

※逃げ恥を知らない人への簡単な紹介

津崎…36歳独身。男。家事代行サービスを依頼し、森山みくりの雇用主となる。

森山…大学院卒の25歳。女。正社員としての就職に失敗し、何やかんやで家事代行サービスの仕事に就く。

 

 

このドラマを観ると、自分の中で結婚や恋愛に対する考え方が変わってきます。さらに、本編の中では、年齢差結婚や同性愛といったテーマも取り入れており、広くジェンダーについてを含んだ作品となっています。

 

後は、ストーリーとは関係ないですが、曲ですね。星野源さんの「恋」がドラマのテーマソングとなっています。大ブームになったので皆さんも一度は聞いたことがあるはずです。

ちなみにこの星野源さん、本ドラマで津崎さん役を務めています。まあ、多くの人が当然知っていることですよね(笑)

この曲ですが、使いどころが本当に上手です。この曲が使われるシーンはつい何度も見返してしまいます。

 

このドラマは漫画が原作なのですが、絵柄がもろ少女漫画といった感じで、男性の方はとっかかりにくいかなといった印象でした。それでも興味がある人は少し試し読みできるのでぜひ原作もどうぞ。

逃げるは恥だが役に立つ 1巻 :無料・試し読みも!コミック 漫画(まんが)・電子書籍のコミックシーモア

 

ドラマ版は、特に女性向けといった感じはありませんでしたね。むしろ、段々と森山みくりに対する津崎さんの心情の変化に共感できます。女性もまた、森山みくりの津崎さんに対する感情の変化が堪らないと思います。

 

全体を通して見ると、衝撃の展開が…?!といったシーンがあるわけではありません。ですが、なにしろ“契約結婚”と始まりがそもそも普通ではないので、常に「次どうなるんだろう…?」とハラハラしたストーリーが続いていきます。

全11話完結で非常に面白いドラマなので、ぜひ観てみて下さい!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。