人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

人生初ネットカフェに行ってきた感想

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

先日関西の方へ旅行に行ってきたのですが(旅行については追々書いてこうと思います)、つい遅くまで遊び過ぎて、帰ろうとしたときには終電も終バスも無くなってしまいました。

 

お金もあまりなかったので、仕方なくネットカフェに泊まることにしました。今までネカフェに泊まった経験はなく、選択肢として考慮したことすらありませんでした。

 

 

何故かというと、僕はネットカフェに対してネガティブな印象があったからです。

 

 

狭くて暗い空間にPCが並べられている様子を想像して、どうしても雰囲気のいい場所だとは思えなかったのです。

 

 

 

しかしいざ泊まってみると、そんなネガティブな考えは完全に書き換わりました。

 

 

僕にとってそこは天国のような空間で、店を出るのが名残惜しいとまで感じてしまいました。

 

というわけで今回は、ネットカフェのどこが良かったのかについてまとめていきます。

 

 

 

・意外と広いスペース

 

 

ネットカフェの個室は基本的にパソコンが置いてあるだけなので、とてつもなく狭っ苦しいところだと思っていました。

 

 

ところが、僕は座敷タイプの部屋に入ったのですが、そこは寝転がって足を伸ばせるだけのスペースがありました。ゴロンと寝返りをうつことも余裕です。6時間ほど滞在していたのですが、息苦しさは全く感じませんでした。

 

 

一見不用心に見える鍵の無いシンプルな作りのドア筒抜けの天井が、個室部屋独特の密室感を緩和しているのだと思いました。

 

 

あの部屋がもしトイレのような完全密閉された空間だったら相当の息苦しさがあったと思います。

 

 

 

・豊富なファシリティ

 

 

ネットカフェにはPC以外にも、ドリンクバーや漫画、シャワー室など様々な設備が備えてありました。特にドリンクバーと漫画の組み合わせはヤバすぎました。

 

 

漫画もかなりマイナーなものからメジャーなものまで一通り揃っていますし、古本屋のように巻が飛んでいることもありません。

 

 

“無限に漫画を読みながら、無限にドリンクを飲める”。普通のホテルでは絶対に体験することができません。

 

 

ところがネカフェでは、たったの数千円でこの天国のような時間を過ごすことができるのです。費用対効果はバツグンでした。

 

 

 

・まとめ

 

ネカフェは僕にとって本当に天国のような空間でした。軽く十泊はできます(笑)

 

 

ただ、天井から隣の個室が覗けたり、ドアに鍵が無かったりと、プライバシーの観点から人によって賛否あると思います。

 

 

もちろん財布などの貴重品はロッカーに入れられます。それ以外のプライバシー等のことは僕は全く気にしないタイプなので、全然平気でした。

 

 

そんな訳で、ネカフェに行ったことのないという人は、一度行ってみると良いと思います。もしかしたらあなたにとって最高の空間かもしれません!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。