人生に地図はない

人生に地図はありません。どんなにブレようが道を外そうがそれはあなたの人生です。

Googleの対処は矛盾している?!ローガンポール炎上について

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

アメリカのトップユーチューバ―、ローガンポールが自殺者の遺体を晒し炎上した事件、ありましたよね。

 

 

あの事件がきっかけでGoogleはYouTubeパートナープログラムを大きく変更するという対策を取りました。

 

 

何が変わったのか。それは、広告を設置できる条件です。従来は、チャンネルの総再生回数が1万回を突破していれば広告を載せることができました。

 

 

しかし現在は、過去12ヵ月間の総再生時間が4000時間以上であり、かつ、チャンネル登録者が1000名以上いることが広告設置の最低条件となりました。

 

 

要するに、広告設置のハードルを大幅に引き上げたということです。

 

 

 

誰が得をし、誰が損をするか

 

 

YouTubeが新しいパートナープログラムを実施した結果、言い方は悪いですが、底辺YouTuberと言われる方々が被害を受けました。僕の友達にも、YouTubeで動画を上げている方が何人かいます。

 

 

彼らは自分で動画を作り、地道にコツコツと頑張っています。あと少しで総再生1万回を超える、という人も居ました。そういった人たちが、今回の条件引き上げの被害を受けました。

 

 

でも、そもそも条件が引き上げられるキッカケは何だったのか。それはローガンポールの炎上です。つまり、やらかしたのはトップユーチューバ―なのです。

 

 

これって、おかしくないですか?誰もが知るトップユーチューバ―がやらかしたがために、結果多くの弱小と言われるユーチューバ―の方々が不利益を被っているのです。ちなみに僕も広告を撤去された被害者です(笑)

 

 

 

不真面目な人が得をしている

 

 

さらに、僕の友人に1名、あらゆる動画を無断転載してYouTubeにアップしている方がいます。非常に汚いやり方です。

 

 

明らかに違法ですが、そういった動画をYouTube側が全てチェックすることは不可能です。そうした無断転載を取り締まるには、第三者の報告が欠かせません。

 

 

しかし、無断転載された動画を見る人々からしたら、その動画が本人由来のものなのか無断転載されたものなのかは、どうでもいいことです。見る側からしたら、見られればそれでいいからです。

 

 

その結果、彼はチャンネルを凍結されることなく月10万円以上を稼いでいます。新しい条件(4000時間以上の再生時間と登録者1000人以上)もクリアーしているので、今までと同じように稼ぎ続けることができるのです。

 

 

 

まとめ

 

 

今回のパートナープログラム変更は、弱い立場の人が損をし、かつ、不真面目にやっている人が得をする、という構造になってしまっています。

 

 

この現状を見ると、今回のGoogleが実施した政策は完全に失敗であると僕は思います。真面目にやっているYouTubeの方々が救われる政策を実施してほしいですね。

 

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます。